ニジゴキの雄雌の見分け方?

おはこんばんちわ!My Green Forest のシオヅカです。
 早速ですが、ニジイロゴキブリにかかわらずゴキブリの幼虫って見分けづらいですよね。ゴキブリはお尻の割れ目にてオスメスが判断できるのですが、見分けるのに専門的な目利きが必要となります。
 しかし、Pseudoglomeris beybienkoiに関しては、幼虫の段階でのオスメスの形状に明確な差がありますのでここにまとめてみたいと思います!

本記事は、1分で読み終わる分量ですので
ぜひ最後までご覧ください!

どうやって見分けるの?

百聞は一見に如かず ということでオスとメスが写っている写真を載せますね

ばばん!!

上がオスで、下がメスになります。
どちらも同じセミアダルトであります。

一目瞭然の形の違いか見られますよね。

特徴をしたの表にまとめました!

オスメス
メスに比べて縦に細長い体格
背中に斜めの筋が入ってる
お尻に切れ込みがある
オスよりも胴回りに広がりがみられる
背中の筋は均等に横に入っている
お尻に切れ込みがない

それぞれの特徴

ここだけを抑えれば大丈夫!

オスは、メスと比較して体格が小さいことが特徴としてあげられます。また、背中の筋の入り方に特徴があります。筋の入り方が斜めに入っていることが写真からわかります。

こんな感じ!

思ったよりかわいくかけました(笑)

まとめ

かわいいニジゴキちゃんは、幼虫の段階でオスメスを見分けることができます。体の筋の入り方に特徴があり、オスは斜めに筋が入ります。また、メスと比較してオスのほうが体格が小さくなることがわかりました。

皆さんも、ぜひニジゴキの繁殖の参考にしてください!


オスメス
メスに比べて縦に細長い体格
背中に斜めの筋が入ってる
お尻に切れ込みがある
オスよりも胴回りに広がりがみられる
背中の筋は均等に横に入っている
お尻に切れ込みがない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です